« 2005年11月 | トップページ | 2006年7月 »

2006/05/31

デカくて強いヒト求む

田中に代えて茂庭 W杯日本代表

傷心旅行のさなかに一転、思いもしなかったドイツ行きの朗報が入った! 東京DF茂庭照幸(24)が、左太もも痛を再発したDF田中誠(30=磐田)に代わってW杯日本代表に緊急招集されることが30日、分かった。この日、日本協会が所属クラブに招集の連絡を入れた。代表落ちが決まっていた茂庭は現在、ハワイで休暇を取っているが、31日にも帰国し、早ければ6月1日にドイツへ出発することになった。

ね?わかんないんだから、ワイハーなんかいってるバヤイじゃねーっつーの。

今日の試合だって加地が捻挫で退場した後、駒野もムチャクチャ削られてたし、ヤナギだってあんなユニホームの裂かれ方(タテ真っ二つってどーゆーことよ?)するくらいゲームでは激しいことが起こるワケですからね。

呼ばれる可能性がある選手たちは最後の最後まであきらめちゃいけないと思います。

それはそうと、やっぱり高さと強引さに対処できるディフェンダーがもっと育って欲しいところです。格闘技とかやってるデカイ少年とかを工作員がサラってきて福島でサッカーの訓練させたらどうだろう?

4年後とまでは言わないけど、8年後くらいにはもっと守備を安心して観ていたいなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/05/29

スジちがい

耐震構造どころか… 中国で竹筋コンクリート 高層分譲住宅で露見

耐震強度偽装どころか、鉄筋の代わりに竹を使用―。中国浙江省杭州市の高層分譲住宅で、鉄筋の代わりに竹の棒を使った欠陥工事が見つかった。施工した建設会社は「出稼ぎの農民労働者が鉄筋を使い切ってしまい勝手にやったことだ」と説明しているが、工事を監督する同市の建築担当当局は建物全体の安全検査を命じるなど、真相の究明に乗り出した。

おお!竹筋、やっぱりあったか!表記はなんだ?BC(Bamboo Concrete)か?

中国や香港・台湾などで建築工事の足場を組むのによく竹が使われているのはご周知のとおりかと思いますが、これも高度成長の代償ですかねぇ。。。しかも、これだってトイレの改装工事やんなきゃわかんなかったワケだから、これはデカイ問題になるかもしれませんよ。

ちなみに我が家も竹を使ってます。と言っても床材にですが。

集合材ですけどケッコーみためキレイだし清潔感もあります(実際にはニス塗りしてるので消臭効果とか癒し効果とかそんなモンはない)。

あと孟宗竹で作ってあるソファもございますが、こちらは常にギシギシと音を発するので丈夫さをミジンも感じません。

ま、そんな竹ですからして、スジ違いもはなはだしいのかな、と。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/28

グレッグ、ここにもか!

米女優ヒラリー・スワンクさん夫妻、ついに離婚

オスカー女優のヒラリー・スワンクさん(31)が26日、夫で俳優のチャド・ロウさん(38)との8年に及ぶ結婚生活に終止符を打ち、離婚を決めたことが明らかになった。
 スワンクさんの広報が、オンライン版の米ピープル誌(People.com)による離婚報道を確認した。2人は1月から別居していた。
 2人の弁護士はピープル誌で「ヒラリー・スワンクとチャド・ロウは共に離婚を決意した。2人は今後も友人であり、お互いに最高の敬意を持っている」と述べた。
 スワンクさんは「ボーイズ・ドント・クライ」と「ミリオン・ダラー・ベイビー」で2度のアカデミー主演女優賞を受賞している。

ビバヒルのレギュラー出演者の中で唯一大ブレイクしたのが、このカーリー役だったヒラリー・スワンク。

こんなにねぇ。離婚ごときで騒がれるようにまでなるとは大したものです。

でも、ビバヒル女優人の中でも個人的にお気に入りが、クレア役のキャサリン・ロバートソン。

彼女の映画出演作にサイコ・ビーチ・パーティーというのがあるそうなのですが、なんと、この作品、”ダーマ&グレッグ”のグレッグ役だったトーマス・ギブソンさんも重要な役柄で出演なさっているではないですか!(この人、ケッコーB級系出てんだよね)

是非観てみたい一品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/27

タバコの吸い方

タバコをやめていただきたい有名人の中に、「磯野波平」や「野比のび助」の名前もあるとはやや驚き。

次元大介のベルメル・スーパーロングとかはやっぱりいいのね?

著名度に加え、偽善度数も高い人物ほどランクが上みたい。

タバコを吸うなら、平素から地味に、そしてカッコつけずに生きましょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/25

貯まる録画は見ぬばかり

「あとで見る」に埋もれるHDDレコーダー

 録画はするものの、見ないでため込んでしまう“死蔵コンテンツ”が増えている――野村総合研究所は5月25日、こんな調査結果を発表した。HDDレコーダーやテレビ録画機能付きPCの普及などによって録画が手軽になり、映像再生に対応した携帯機器の普及などで試聴スタイルも多様化しつつあるが、試聴時間は伸びていない、という結果だ。

我が家もケーブルテレビがHDD仕様になってるので、あれやこれやと録画するんですけど、ま、たしかにね。忙しいと見れないわな。

だってウッカリ先週の渡鬼見逃したら、もう木曜じゃないのねぇ。

今日も早く帰って先週の見ないと、今週のも貯め込むことになるわよ、んもう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/22

安いが一番!

昨日はお昼から1人で近所のスタジオにて歌録り。

一時は自宅用に防音ブースでも買おうかとマジに考え、何社かのHPみたりパンフレット集めたりしたのですが、仮に毎週1回必ずスタジオに通ったとしても、個人練習の料金で丸々6年分ものオカネがかかるようなのでヤメ。

それ考えるとスタジオは安いし、機材もバッチリ整ってるし、作業スペース広いし、快適だし、音漏れ絶対気にしなくていいし、ブース自体の場所とらないし、時間決めてるのでダラダラ作業やらないしで言うことない。

強いて言えば移動がややツライことや空き状況が不安定なことくらいか。

何れにしろ、今年はここに多く通うことになるかもしれませんね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/20

ド○エ▲~ん、カネくれよ~

タイトルは文章と一切関係ございません。

笑いは金なり? 吉本興業が最高益更新

吉本興業が19日発表した2006年3月期連結決算は、お笑いブームに乗った若手タレントの活躍で、売上高が前期比20・8%増の462億円、純利益が58・4%増の34億円で、ともに過去最高を更新した。
 若手の漫才コンビ・南海キャンディーズ、レイザーラモンHGら所属タレントのテレビ出演が増えたほか、DVDソフト「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の販売好調などが寄与した。この結果、主力の制作部門の売上高が24・4%増の382億円となった。

水道橋にある三崎神社大祭への寄付金集めで、吉本は金30万円也をポーンと払ったそうです。太っ腹です。

ちなみにS学○は1万円だったそうです。あんまりです。しーもんきーも泣いております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/19

びーすちー

「ビースティ・ボーイズ 撮られっぱなし天国」

曲いいなぁ。観てーよー。よく続いてるし、感心します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/18

子供銀行

<子どもお金調査>お金よりも大事なもの、8割が「ある」

 日銀などでつくる金融広報中央委員会が17日発表した「子どものくらしとお金に関する調査」で、「お金よりも大事なものがあるか」との問いに小中高校生の約8割が「そう思う」と答えた。「勝ち組」「ヒルズ族」などと、成功者がもてはやされる風潮が広まるが、同委は「子供の金銭意識は予想以上に堅実だ」と分析している。

「お金よりも大事なもの」はやっぱり無いような気がするけどなー。

「お金と同じくらい大事なもの」はイッパイあるけどね。

どうなんだろね?真っ当な稼ぎ方も知らない子供にこんなん聞くのって?なんか意味あるんすかねぇ?

しかも、「予想以上に堅実」って、おいおい。堅実なら、お金の方が大事ってなんないか?

日銀たるや、言ってる意味がワカラン。

あっ、それとも逆説的に「堅実、堅実」って子供に向かってイヤミ言ってんのかしら?

それなら、ヨシ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/17

たすかります

黒木魅せます!生バレエ…日テレ系「プリマダム」最終回

 女優、黒木瞳(45)主演の日本テレビ系「プリマダム」(水曜後10:00)の最終回(6月21日)の一部が生放送されることが16日、分かった。

 バレエ教室に通う主婦たちがバレエを通じて輝いていく“主婦の青春物語”。最終回で発表会を披露することになり、生放送は番組終盤の発表会部分。観客を入れ、都内のホールから生中継される。同局の西憲彦プロデューサーは「主婦たちが必死に頑張っている姿を見せたいシーンなので、カット撮りして編集するよりも生の方がリアルな熱が伝わると考えました」と説明。

んなことしてくれると、カミさんのゴキゲンがよくなりますのでありたがや。

ところで、黒木瞳さんといい、いまやパリジェンヌの中村江里子さんといい、世間一般でモテはやされる理由があるのは判らないでもないんですが、「そんなに憧れちゃうほどのヒトたちなのかなぁ」と、今までは疑問符でした。

でも同時に、「世の中やっぱり表面ヅラや見てくれなのね」ということもつくづく感じるのも事実。

「美は真実を凌駕する」、とまでは言い切れないものの、ステキなモノやキレイなモノをみると、ふと「真実と思いたい」衝動に駆られちゃうのが人情というか本能でしょう。

つい、ふらふら~とね、ついてっちゃうことってあるでしょ?ね?

カッコイイ、とか、ステキ~の先に何があるかって、実態的には何にもないんだけどイイ気持ちだけは残る。そすっと日常生活のやる気度も増す、と。

だから多分、ご両人に限らずこの手の方々は、われわれ一般市民の脳内麻薬を引き出す役割を果たしているにすぎない、逆に言うと、それだけ尊いことをやってのけていると、感心する今日この頃です。

であるからして、ホント、どんどんこーゆー手法でやってもらっちゃって、家内を気持ちよくさせてください。たすかりますよ、わたしと子供が。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/16

まだあきらめない

なんだか、落選、落選ってマスコミもうるさいけど、わっかんないじゃん、まだ。

ジーコもね、言ってんでしょ。「最後まであきらめるな」って。

ケガってのもあるからね。人生や運命なんてどこでどうなるか。。。

だから、24時間前まで、松井も久保もあきらめちゃいけない。

あと、俊輔が「オーストラリアに2-1で勝つ」みたいな発言をしちゃったようだけど、この人そんなキャラだったのかーと、やや引いてしまった。別に言うのが悪いとは思わないんだが、クールじゃねーなと感じました。

なにはともあれ、我が家もプラズマ設置してW杯モードに入りましたので、これから閉幕まで素直に楽しもうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年7月 »