« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005/05/18

40代独身オトコの喜劇①

われわれの仕事の中では、倫理上、本人が基本的にやらなければならない分野が多岐にわたってあるんですね。まー、専門分野なので当たり前のはなしなんですけど。

4月末に3ヶ月の試用期間ということで採用した(本人も「試用期間を設けても構わないので是非雇ってください」と言っている)40代独身・実家住まいのオッチャンがいました。
この人、ご自分でもS県のご自宅で個人事務所を開業しているんですが、いわゆる開店休業状態で仕事があまりないのでウチで定期的収入を稼ぎたいというのが最初聴いた話でした。ですから、個人事務所の方の仕事が入った場合、そちらの方が重要なので、そのときは前もってわたしにおっしゃってくだされば仕事配分を考えます、とあらかじめ入社前に伝えました。

で、先週木曜の夜、彼に任した仕事について、まさに倫理上問題となるその分野をほかの社員にやってもらう旨を彼自身が口にしたため、「前の会社ではどうだったかわかりませんけど、ウチではそのやり方は困ります。ご自身でそれだけはやってください」とわたしからその場で直接進言しました。

したら、「なんでわたしが他の社員にやらせてはいけないのか?」というので、鑑定評価のいろはから説明し(勿論このオッチャンはすでに資格をもっている)、ウチの方針を説明し、さらにアナタは試用期間中なので他の社員への仕事配分や教育・管理についてはまだ先の話ですからね、と念を押しておきました。

すると、
「実は、試用期間なんて設けて欲しくなかったんだ」
とか
「実は、某市役所から仕事が入ってていま手一杯の状況なんだ」
とか、挙句の果てに
「ここはアナタのワンマン会社なのか!」
「アナタの物言いのために信頼関係は破綻した!」
「社長は朝早くから出社しなきゃ効率悪いでしょ!(ちなみにわたしは金融機関や公的機関の担当者が在席中の午前8~9時くらいの間に営業しつつ、入出金確認をしてから昼ごろ出社というのがウイークデイのパターンとなっている)」
だのキレられちゃいましてね。

だいたいまだアンタ営業日数で6日しか来てないのに、信頼関係ってなんなのよ?信頼なんてオレ含めて社員もアンタにしちゃいねーっつーの。
しかも、社員数オレ抜いてたった5人でワンマンってけっこー当たり前じゃないの?
試用期間だって自分でそれでイイって言ったんだし、仕事の話だっていま初めて聴きましたよ。

で、なんどかその旨をこっちで言うんですが、なかなか納得しない、というかもう引き下がれない感じにアチラがなってきちゃってクドクドうじうじと「納得いかない」みたいなことを不毛にも言い続けるワケなんですわ。

そのうち「アタマの中がいま真っ白になってる」っていいだしたから、「じゃー今日のところは取り敢えずお帰りになってまた明日にしたらどうですか?」といったらやっと重い腰を上げてお帰りになりました。

その後、「びっくりしました。あーゆー方ははじめてみました」と社員全員が言ってたんですが、ちっちっちっ、こんなんでびっくりしてちゃーいけません。

次の日、待てど暮らせど彼、出社しません。

総務の女子に携帯へ連絡入れさせたところ、鳴るものの「ブチッ」と切られる始末。

無断欠勤ですよ。しかも、担当案件数件残したまんま。ひぇ~!!

結局その日は来ず、土日も連絡なし。

そして月曜日。いつものように営業などを終え昼前に出社、デスクで一息ついていると、隣の事務所で仕事やってるアニキが外から帰ってきて「アレ?どーしたの?彼、もう辞めたの?」というから「ん?たしかに連絡は金曜からないし今日も来てないけど」というと「郵便受けにコレ入ってたよ。ちょっと見ちゃったけど」と。

渡されたものはスケスケのクリアファイルに挟まった「退職届」とかかれた封筒と定期代の領収書のみ。

なぬ!?ってことはそこまで来てたのに上がってこなかったワケ!?
しかも、領収書は確かにいるけど、肝心な定期はどこよ!?6万円もどこよ!?鍵もなければ名刺もないよ!

タチわる~!!

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »