« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005/01/29

05/1/29ダイアリー

ちょっと前になるんですが、京王線の代田橋駅前で殺人未遂事件が発生しまして、いまんとこ犯人はつかまってないそうなのです。

昨日、某いきつけのお店の店員さんと他愛もない話をしていたところ、突然、「私、犯人の疑いかけられたんですよ」と切り出されました。犯人の似顔絵をみたお客さんが、店員に似ていると警察に通報したらしいんです。

刑事は台本通り二人でやってきたそうです。

最初は「あっ、いいっすよ。なんでも聴いてくださ~い」という調子で軽く受け答えしてたらしいのですが、同じことをあっちの方向からこっちの方向からと聴かれていくウチに、昔の記憶であることも手伝って日にちや時間が曖昧になってきちゃったらしいんです。「てことは、もしかするとキミはそこにその時間にいたかもしれないよねぇ?」なんて、どんどんなんだかまるで自分がその場に本当にいたやもしれぬような誘導尋問をするんです、と。

一生懸命否定はしているんだけど、どーも決定的に否定する根拠となる自分の記憶があやふやで、あせればあせるほどツボにハマってラチがあかなくなってきたところ、一人の刑事が「キミ、彼女いるの?」と聴いてきました。
彼女にまでこんな面倒なことやらせたくないし、もしこの人たちが本当の刑事ではなかったらオオゴトになるのでは、いや、でもここで「いません」なんていって後でいることがバレたらまた疑われる、などと一瞬にしてフル回転で考えたらしいのですが。。。

店員 :「はい」
刑事A:「ちょっと名前とか住所とか教えてくれない?」
店員 :「ちょっとでいいんですか?」
刑事B:「いや。全部」
店員 :「名前は○×△◇。住所は世田谷区※■△…」
刑事A:「じゃーさー。いまから刑事がそちらに向かう旨、キミ連絡してくれるかなぁ?」
店員 :「わ、わかりました。(プルルル)あっ、オレだけど。いまからね。警察がそっちにいくから」

そのときの彼女の「はぁ?なにいってんのぉ?」は当たり前でしょ、ホントに、頼みますよ刑事さん。

その後、刑事は彼女のとこにいき、昔の写真などいろいろ参考資料としてもってかれ、その店員自身のウチにもガサ入れされたあげく家に帰ってみると出しっぱなしの状態で机上にモノが置かれ、挙句の果てにはいきつけのレンタルビデオ屋で履歴を全部調べ上げられたらしいです。

まぁ、でもですよ。ただ単に「似てる」だけじゃーお客もタレこまないでしょう。なにか挙動不審めいたことをやっちゃったんでしょうね、きっと。

で、2週間後に警察から「いや~、全然キミとは関係なかったよ。じゃぁ」って連絡があって終わりだって。

事故ですね。これは事故としかいいようがないです。そう慰めるしかありません。
精神的にはその2週間というもの不安だったし、客からの情報だったことに大ショックをウケたらしいんですが、いまは自分の行動にも反省して毎日お客さんには親身になって応対しているそうです。

似てるというのはコワイものです。土田さんも悪いことしないでくださいね。お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/27

05/1/27ダイアリー

本日、とある試験の結果が出た。

オレの言ってたことが彼もいつかわかってくれると思うけど、できればこのような結果は避けてもらいたかった。

今年から就かれる会社では周りや親や自分に甘えずがんばってくれることを願ってます。

まじめそうに見えるだけでは、ダメなのですよ。

ツケはここ一番ってときにこそ回ってくるものですからね。以後お気をつけて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/20

防衛庁前

ボディペインティング」という曲を生んだ場所がマンションになっちゃってますね。

しかも賃貸だって。なんであの場所で売らへんのやっちゅーねん。

いいとこだったんだけどなぁ。。

ちなみにここは私が初めて独立開業した場所でもあり、その当時、同室にはAV監督とタクシー専門貸金業者が、となりの部屋にはSM雑誌社が入ってました。1階に入ってたコピー機を扱う業者とはいまも付き合いがあるし、なにかと因縁&思い出深い場所なのです。

しかしそんな状況の中、電話1台(しかもふつーの家庭用電話)を駆使し、社員3人で仕事を2年半も回してたなんて、今考えるとありえねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/19

管理情報

国土交通省は来年度、中古マンションの管理情報を登録・閲覧するためのデータベースシステムをマンション管理センター内に構築するそうです。

各マンションの管理組合が、管理状況が分かる履歴情報を管理センターを通じて登録し、それをネット公開する、といった流れになるみたい。

目的は主に二つ。

①マンション所有者が修繕などの履歴情報を把握することで、より適正な管理が可能。
②マンション需要者が維持管理状況を確認したうえで、中古マンションを購入することが可能。

管理状況良好なマンションをより一層増やし(つーか、そもそもマン管への登録数自体をもっと増やしたいというのもあるのだろう)、市場の活性化につなげていこうという趣旨だと思われます。

これが徹底されるとなると、中古マンションのなかでも「優勝劣敗」が顕在化してくることになりますね。

資産価値をいかに維持していくか、管理組合、いや、結果的にはマンション所有権者全体の「質」自体が今後は問われてくるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/17

05/1/17ダイアリー

私の場合、自宅が笹塚、職場は九段下なので、都営新宿線で乗り換え無し+笹塚始発の各駅停車にて座ることも可能なのです。ですから、かなり快適な通勤状態にあると思われます。。fig_edited

今朝も電車の遅れでワリとぎゅーぎゅー詰めに近い状態であったにもかかわらず、すんなり座ってこれたのであります。

が、乗る前にうかつにも朝風呂で十分あったまったうえ、ダッシュにて乗り込んだおかげで、初台辺りから一人サウナ状態に陥り、マフラーやコートや手袋をしている人たちを尻目に、デニーズおしぼり作業のごとく顔や首筋をふきまくりでした。朝風呂だいなしだね、ボク。

さて、午前中は草稿作業の他、顧問税理士と雑談をした。彼は昨年の暮に念願のマイホームを購入し、物件受渡し後、外溝工事を残すのみとなったようです。ただ、聴いているとおかしなもので、業者の見積り然り、工事然り、かなりいい加減に行われているみたい。業者といっても、販売と施工は違うし、施工も建築本体と外溝はこれまた違う。前もって蛍光灯はこの場所にはつけないよ、といってあるのにつけちゃうし、パーツにつき「予算ないからね」って言ってあるのに「わっかりましたぁ」と言いつつ倍近くの見積りもってくるし、ってな具合らしいです。

買う側にとっては一生にそう何度もあることではないでしょうから、そりゃ一生懸命ですよ。でも、売る側・作る側は一生に何度も売ったり作ったりするワケですから、このアンバランスたるや、感情的にならざるを得ないケースも往々に出てくるのは必然です。

けど、おもしろいのは「カネの問題だ」ということを当事者がよく理解しているか否かによって、その感情不均衡是正作戦の当否が決まるということです。結局のところ、これが解決されなければ「そーゆー問題じゃない。それ以前の問題だ」ってなことになり、お互いアンハッピーな結果になるものなのです。

「単なるミスですから、ね?家内もまぁ、そぉんなに怒ってないとは思うんですけどね、さっきね、今だかつて見たことの無い形相で睨んでたんですよ、物件を。わたし?わ、わたしはそ、そんな、夫婦といっても所詮他人ですからね、感情止めることまでは出来ないんですよぉ。。困ったなぁ、あー困った」ぐらいのことでけっこー前に進んだりするものです。残念ながら、わたくしは当面この手の買い物の予定が立たないのですけど、こがね持ちな方々におかれましてはひとつがんばってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロック魂

red_voltage氏『レッズサポの独り言』からのトラバです。

渡辺實さん追悼 僕の大好きなDJ、渡辺實(わたなべ・みのる)さんが食堂癌の為、10月30日午後1時30分に亡くなりました。53歳でした。渡辺實さんは早稲田大学時代に.....

某氏より、「TBSラジオとかでDJやってた渡辺實さんって知ってる?」と聴かれ、「ああ、知ってるよ」と答えたら、「去年の10月に食道癌で亡くなったんだよ」と。。

「いろんなモノを手軽に無駄なく吸収する」というのが幼少の頃からの自分のテーマであり、氏のプログラムはわたしにとっては最適な番組だったのです。

その後は自分のスキな方向性なんかもわかってきたんで自然と離れていってしまい、いつのまにかその存在すら忘れかけておりました。

実のところ、仕事絡みで今回の件を知った次第でして、世界の狭さを感じるとともに、なんかの縁だったのかなーとも勝手に思ったりしております。

遅まきながら合掌。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

披露山~江ノ島を望む

hiroyama-enoshima_edited

こーゆーところも津波がきたらどうなるんだろう?

こわいけど、30年後に生きていればここで暮らしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/15

05/1/15ダイアリー

雨の中、午前中より現地調査に向かう。

傘とデジカメと書類とカバンをとっかえひっかえ持ち替えるが、そのたびに雨が手にかかる。

高級住宅街にいるため、通行人のうち何人かは不審者を見る目つきで見るし、巡回中の警官も多い。別にやましいことをしているワケではないが、こんな身辺多忙な状況のなか職務質問されたら、果たして挙動不審でない態度を自分がとれるかどうか甚だ不安である。

その後、冷え切った会社に戻り、はちみつ入りの紅茶を入れちょっと一息。

kamil

ラジオからはDJとゲストが互いにメシのタネをほめちぎるために白々しい会話を交わしている。きっと彼らも決してこんな寒い日に凍えるような会話をスキ好んでしているワケではないだろう。曲が流れるが、誰が演奏しても同じ感じの雰囲気に溢れかえっちゃってる(なお、ネコは著しく関係なし)。

勤労青年よ、マジメに働きたまえ。さもなければこの寒空、iPodシャッフル買うのに並んでた方がよっぽど価値があったかもしれんぞな。

気を取り直してジミヘンを聴きながら仕事再開。

器用貧乏には休息は似合わない、という訓示がなぜかアタマの中で連呼される。病気だな、きっと。

家内や兄貴も休出し、家内が渋谷で買ってきてくれた苺大福を食べる。

137_3726_edited

苺は2個入っており、餡子と生クリームがこれまた口の中で絶妙に甘酸っぱさを包み込んでくれる。日本人に生まれてよかったなー。

そーこーしているウチに実家から電話がかかってきて「今テレビで地震のことやってるからアナタ達大丈夫かしら」だと。オレラのうちは堅固も堅固なので、おそらく大丈夫であろう。逆に実家はダメだろう。だから先ずは自分の身を案じてくれ。頼むぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/14

あとがき3

ひさびさの洋モノで、最初はウイットが効いてんのかアフォ
なんだか意図不明な会話のくだりなどでイライラさせられた
のですけど、物語が進むにつれそーゆー箇所も気にならなく
なってきて、これまた一挙に読んでしまいました。

ibara


あらすじや批評などはAmazonとかにお任せするとして、
これ、読んでる最中、映像がやたらアタマの中に浮かんでく
る感じがしました。きっと描写がウマイんでしょうね。見習い
たいものです。おとなの娯楽本としてお薦めの一品です。
最後とかはもっと続けろこのやろうとか思いましたが、別に
それは気にしないで下さい。

ちなみに私は趣味で詩を書いたりしているのですけど、作り
話を脳内で映像化したうえで詩を書くということは普段あまり
やりません。てか、ほとんど無いです。大体が実話や実体験
をもとに書きます。
唯一書いたことがあるのは「キャンディダイアン」という題名
のモノです。そのうち何らかの形でお披露目できるかもしれ
ませんが、できないかもしれません。運命に従うことに致し
ましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/11

ご自愛

3連休でまた正月ボケを取り戻してしまった感が否め
ない今日この頃、怒涛の新年会週間、ご機嫌麗しゅう。

さて、去年の暮頃からノロウイルスが蔓延していたという
ニュースが巷にぷよぷよと流れておりますけど、我社
も半数の社員(といっても3人なんだが)がどうもその
ウイルスにやられたっぽい症状で倒れまして。

srsv

このウイルスに効果のある抗ウイルス剤は現在のとこ
ろ存在しないそうなので、やられたら最後治るの待つ
しかないみたいね。

ここんとこ毎年のようになんらかのウイルスの脅威に
怯えているけど、基本的には「手を洗ってうがいして」
と子供の頃に教わったことをやっておけばほぼOKの
ようである。カキにしたって昔から生は気をつけろと言
われてますしね。生で食わなきゃええだけやん。

だからさ。。。

会社はなんとかなっちゃうからイイけどさぁ。
もっと自分を大切にしてくれよな、ホント、頼むよ >社員

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/06

子守唄

ふとした時によく聴きたくなる曲というのは、たぶん皆さん
もあることでしょう。

technodelic昨夜はどうしてもこれが聴きたくなりました。

たしか、自分が中学生くらいのときに出たアルバムです。

もともとのアルバムジャケットは今表示されているモノだった
んですが、前作「BGM」の販売不振を受けて、3人の顔が出
てないとダメというクレームが発売前に出され、初回プレス
分のみ、コラージュされた3名が表紙のジャケットに差し替え
られてます。

決してこのアルバムがYMOの中でベストだ、とか言うつもり
もありませんし、お薦めもしませんけど、自分的にスゴクしっ
くりくる感じがするんですね。
自分のオリジナルに多大な影響を与えていることは間違い
ないと思います。
「テクノデリック」というとなんとなくそっち系?みたいな感じ
に受け取られるかもしれませんが、80年代ニューミュージック
路線上にある民俗音楽的ロックだと自分では捉えております。

全体的にカオスと悲壮感が漂ってて唯一ポップな「体操」で
さえもボクにはファシズムをこけおろした印象を与えてくれます。

だからじとーっとね、タイマーセットで子守唄にして昨夜は
寝ましたよ。

ちなみに、このアルバムを出した後のウインターライブの映像
もあるんですけど、ライブ向きの演奏がよく固まってなくって
ね。イマイチな感じ。丁度、ポリスが来日してたときでYMOの
リハにポリスのメンバー3人が遊びに来てたようです。
会場が新宿コマってとこが時代を感じさせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/05

フィギア

昨夜は修羅雪姫(釈由美子のじゃなくて)を観た。

色使いがステキすぎます。
通常、ニュープリント版になると変にキレイすぎた
り、どぎつくなったりという印象がありますが、この
映画には丁度いいみたい。明治初期という舞台
背景がまたそうさせているような気がします。

でも、そんなことはハッキリ言ってどうでもよくて、
やっぱりカジ様なのですよ。
この映画でも、常にヨイかというとそうでもなくて
「あ、このシーンかわいい」「ここはカッコイイ」
とかまだらに、しかもヨイ加減に本領発揮。
いや~いいなぁ。。(しばし陶酔)

で、こーゆーマニア向けのフィギアってないんすか
ねぇ?と思ってたら、ありました

し、しかも戦国ロックじゃん!
む~。子連れ狼も木枯らし紋次郎もある!

オレは絶対買わないけど、その手の需要はやっぱ
りあるんだなぁ。なんか知らんが納得納得。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »