« ロック魂 | トップページ | 管理情報 »

2005/01/17

05/1/17ダイアリー

私の場合、自宅が笹塚、職場は九段下なので、都営新宿線で乗り換え無し+笹塚始発の各駅停車にて座ることも可能なのです。ですから、かなり快適な通勤状態にあると思われます。。fig_edited

今朝も電車の遅れでワリとぎゅーぎゅー詰めに近い状態であったにもかかわらず、すんなり座ってこれたのであります。

が、乗る前にうかつにも朝風呂で十分あったまったうえ、ダッシュにて乗り込んだおかげで、初台辺りから一人サウナ状態に陥り、マフラーやコートや手袋をしている人たちを尻目に、デニーズおしぼり作業のごとく顔や首筋をふきまくりでした。朝風呂だいなしだね、ボク。

さて、午前中は草稿作業の他、顧問税理士と雑談をした。彼は昨年の暮に念願のマイホームを購入し、物件受渡し後、外溝工事を残すのみとなったようです。ただ、聴いているとおかしなもので、業者の見積り然り、工事然り、かなりいい加減に行われているみたい。業者といっても、販売と施工は違うし、施工も建築本体と外溝はこれまた違う。前もって蛍光灯はこの場所にはつけないよ、といってあるのにつけちゃうし、パーツにつき「予算ないからね」って言ってあるのに「わっかりましたぁ」と言いつつ倍近くの見積りもってくるし、ってな具合らしいです。

買う側にとっては一生にそう何度もあることではないでしょうから、そりゃ一生懸命ですよ。でも、売る側・作る側は一生に何度も売ったり作ったりするワケですから、このアンバランスたるや、感情的にならざるを得ないケースも往々に出てくるのは必然です。

けど、おもしろいのは「カネの問題だ」ということを当事者がよく理解しているか否かによって、その感情不均衡是正作戦の当否が決まるということです。結局のところ、これが解決されなければ「そーゆー問題じゃない。それ以前の問題だ」ってなことになり、お互いアンハッピーな結果になるものなのです。

「単なるミスですから、ね?家内もまぁ、そぉんなに怒ってないとは思うんですけどね、さっきね、今だかつて見たことの無い形相で睨んでたんですよ、物件を。わたし?わ、わたしはそ、そんな、夫婦といっても所詮他人ですからね、感情止めることまでは出来ないんですよぉ。。困ったなぁ、あー困った」ぐらいのことでけっこー前に進んだりするものです。残念ながら、わたくしは当面この手の買い物の予定が立たないのですけど、こがね持ちな方々におかれましてはひとつがんばってみてください。

|

« ロック魂 | トップページ | 管理情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32149/2604040

この記事へのトラックバック一覧です: 05/1/17ダイアリー:

« ロック魂 | トップページ | 管理情報 »